合宿免許でスムーズ取得~免許取得で自動車の運転LIFE~

女性

船舶免許は複数ある

初心者マーク

道路で自動車を運転するなら、自動車教習所や合宿免許を利用して国家試験に合格しなくてはなりません。水上を走る船やバイクボートを操作するにもしっかりとした講習を受けて国家試験を通る必要があります。初めて、これに合格することによって船舶免許を入手することができ、水上の上で船やバイクボートなどを操作して楽しむことが可能になるのです。自動車の運転免許同様、船舶免許にも操作できる船の種類などがしっかりと決まっているのでどの船を操作したいのか、または水上バイクやバイクボートなどを操作したいかによって取得する年齢や習得に必要な船舶免許の種類は変わってきます。操作したい船に合わせて、しっかりと正しい船舶免許の種類を選んで講習を受けるのが大切です。

自動車運転免許と同様に、船舶免許にも免許取得する際の年齢は決まっています。種類によっても、取得できる年齢が違ってくるので注意が必要です。水上バイクやバイクボートを操作するには、特殊小型船舶操縦士の免許が必要です。また、湖川限定で操縦できる総数5トン未満で、エンジンの出力が15キロワット未満を操作するには二級小型船舶操縦士(湖川)の船舶免許が必要となります。ただし、この免許では水上バイクは操縦できないので注意が必要です。これから分かるように、エンジンの出力や大きさによって操縦に必要な船舶免許は変わってきます。さらには、海にでる船ともなるとさらに条件が細かくなっており2つの種類にわかれています。船舶免許を取り際には、どのような目的で取るのかはっきりとさせることが大切です。